2014年09月20日

昭和40年代のカバー

打ち直しのサイクルは本来
敷布団が3年 掛布団が5年なんです face01
その頃の布団生地はブロード(平織)生地で3年から5年で擦れる部分の生地が
痛んで来て打ち直しの時期が解っていたのですが
最近(30年ほど前から)は耐久性のあるサテン(綾織)生地が主流になり
5年以上は年は間違いなく持つので打ち直しのサイクルが ・・・ face14

今は既製品の布団カバーがありますが
昔(昭和40年半ばまで)は布団に合わせて各家庭で
全体カバーや襟カバーを布団に縫い付けていました

打ち直しのたびに布団も成長に合わせて各家庭で作ることが多く
布団の長さもマチマチで布団に合わせてカバーを付けていましたが
今はカバーに合わせて布団を仕立てることに face11

先日 打ち直しで預かって来たお布団はその当時の見本です face02
天竺の生地で布団全体を覆ってます

昭和40年代のカバー
昭和40年代のカバー
解いていくと襟カバーも face02 正絹 face08
昭和40年代のカバー
普通(昔はface02)ビロードなんですがコレは糸の打ち込みが強く厚い正絹です face08
昭和40年代のカバー
カガミ部分も裏地も正絹です face08 すごっ icon77 icon77
   今この布団を仕立てると価格は羽毛布団より・・・
昭和40年代のカバー
                                             。。〇





同じカテゴリー(ふとんの事)の記事画像
今日は意外に忙しかった!
久しぶりに追記も!
布団側を解いていると
台風接近!
昨日と同じ道を通って
あんまり暑かったので!
同じカテゴリー(ふとんの事)の記事
 今日は意外に忙しかった! (2020-09-10 20:25)
 久しぶりに追記も! (2020-09-09 20:32)
 布団側を解いていると (2020-09-03 19:51)
 台風接近! (2020-09-02 20:46)
 昨日と同じ道を通って (2020-08-31 20:59)
 あんまり暑かったので! (2020-08-25 22:16)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。