2018年10月14日

博多町歩き 予習編(東長寺)


東長寺の六角堂はチョット見には普通の六角堂ですが
よく見ると正面、両脇、後側それぞれの軒口が違うんですよ!
正面から見た時に大きく見えるように軒口が広くなってるんです
 ≪正面≫

 ≪両脇≫

 ≪後側三面≫
だから屋根も微妙にズレているんです!
 (以前も書きましたがお堂の中には回る厨子があります
  私が高校生の頃までは少し傾いた厨子を
  誰でもいつでも回せたのですが
  西方沖地震後改修され綺麗になって観る事も出来なくなりました! ^ ^ )
 催し事の時には扉が開いて観れます

このお寺に開山堂はありませんが私が高校生の時にはあった
一番古いお堂


このお数珠は一周回します! でも古い物ですから
 チョットだけ回して下さいね カラン、カラン、カランぐらいに ^ ^ !!


帰りはいつものように裏通りを通っていると道が石畳に!

でも聖福寺の手前まででした ^ ^  
来年の博多町歩きシーズンにはもう少し先まで石畳が出来てるでしょう!

そして博多部最大の≪坂道≫もいつものように通って
 (私が思うにはこの坂が海と陸の堺だったと思います)
タモリさんが食いつきそうですね!! ^ ^


帰り道には千代町の交差点があり
この交番は建て替え前も個性的でしたが建て替え後も個性的です
 (千代町は戦後すぐ中洲、天神にもひけをとらないぐらい賑やかだったんですよ)

このビルの所には≪国際≫と言う大きな映画館がありその大きさは
中洲の映画館より大きく広かったんですよ

本日のサラッと町歩き終了!。。〇  


Posted by ji-an at 19:41Comments(0)街歩き町歩き

2018年10月12日

厳かな神事みたいです!

来月になると博多部寺町 町歩きが始まります!

チョコット離れてますが
筥崎宮でも毎年 2月と11月の初卯の日の19時から「初卯祭」 が行われてます
【 初卯祭 : 八幡様の誕生を祝っての神事だそうです 〙


楼門の扉を全て閉め切って神職だけで行う神事ですから
中から漏れ聞こえてくる詔を耳を澄まして聞くするしかない町歩きですが
それでもいつもと違う筥崎宮ばそぉーついてみようと思っとります ^ ^;; 。。〇  


Posted by ji-an at 19:04Comments(0)町歩き

2018年09月24日

博多町歩き(基本編)

町歩きに良い季節になりました!

ぶらぶらそぉーついて あんたさんなりの
博多の薀蓄ば見つけてみなさらんですか ^ ^

博多町歩き基本編とタイトルにしましたが
ここで博多の古地図をまず見てからだと
さらに面白く博多町歩きが出来ると思います

場所は大博通り呉服町交差点から博多駅方面に向かって
100m程の小さな交差点角近くに有ります
 【 山笠の昔コースも書き込まれてます 】

菅原道真が博多に来た時に小烏神社近くに着いたと言われる事も
この地図を見れば納得です!




五十川と言う地名は今もありますが
四十川と言う川があったようです 。。〇
  ( この地図は1241年以降の物のようです )
 ===================
  承天寺創建  1241年
  崇福寺創建  1195年
  筥崎宮創建   921年
  櫛田神社創建  757年
  住吉神社    300年代

  菅原道長 左遷  901年



  


Posted by ji-an at 19:31Comments(0)町歩き

2018年09月23日

秋分の日 (博多町歩き)

秋季皇霊際(秋分の日、お彼岸の中日)の今日は
先ず法性寺の お霊屋へ

その後 筥崎浜に車を止めで浜のお汐井取り所まで
放生会にお詣りしとらんので大鳥居ののーなってスッキリした参道ば
久しぶりに浜側から本殿まで

若い方は知らっしゃらんめぇーばってん
この参道は二ヵ所市内電車の踏切があったとですよ!
  ☟ 親子連れが写ってるところ (終点は貝塚)

  ☟ そして二の鳥居の手前 (終点は箱崎九大前)

この二の鳥居の寄贈は黒田勘七 とありますが
聞く所によると黒田家とは無縁の方のごたぁーですばい! ^ ^


放生会の時のように今日は回廊の扉が開いていたので拝殿手前で拝礼
帰りは亡き祖母が「参拝後一の鳥居の先までは本殿にお尻を向けたらつぁーらんとばい!」って
言ってたので久しぶりに脇門から出て一の鳥居の先で参道へ ^ ^
  ( どこの神社も必ず左右にあります )


参道を後がえり旧三号線沿いにある灯台に
久しぶりに歳甲斐もなく登りました!


  今日の箱崎編終わり 。。〇  


Posted by ji-an at 19:53Comments(0)町歩き